盗撮,痴漢,弁護士,費用,示談,和解,逮捕,勾留,不起訴,起訴猶予,ちかん,不起訴,大麻,釈放,条例,覚せい剤,傷害,窃盗,交通事故,未成年,保釈,不起訴,実績,相談無料,東京,刑事事件専門
HOME »

ご家族が逮捕・勾留されたら、まずはお電話を(初回相談無料)


まずは電話で当事務所にご連絡ください。
弁護士が迅速に対応いたします。
土日祝日の相談等も対応可能です。遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ  逮捕、勾留、示談、接見、保釈請求等の刑事事件の相談に弁護士が迅速対応。初回相談無料。国分寺駅から徒歩1分。小平市、小金井市、国分寺市、東村山市、三鷹市、府中市、武蔵野市、国立市、所沢市等から電車やバス、お車等でアクセスの便の良い法律事務所です。 042-407-9217  
平日 9:00~18:00


突然、あなたやご家族、知人、同僚等が逮捕・勾留されたら


ある日突然、ご家族や知人、職場の同僚等が逮捕されたと警察から連絡があったら。
あなたは、どうされますか。
警察に面会を求めても、面会時間や曜日が決められていたり、あるいは、接見禁止で面会することができないことがあります。
ようやく会うことができたとしても、警察官や刑務官が立ち会い、面会時間も短いため、十分な話ができないかもしれません。
さらには、その後の身体解放に向けての活動や被害者との示談等、さまざまな問題に、どのように対処すればよいのでしょうか。仕事や学校のことも心配です。
突然の逮捕・勾留という、あまりにも突然の予期せぬ出来事に、多くの方は海図も羅針盤も持たず闇夜の大海原に投げ出された小船のように、心細く、途方にくれてしまうのではないでしょうか。

突然の逮捕・勾留に、どうしていいかわからないときは、弁護士にご相談ください。

お問い合わせ  平日 9:00~18:00




逮捕・勾留直後の身体解放や不起訴等へ向けた対応が大切です


逮捕とそれに続く勾留は、その後の刑事手続の端緒となるものです。
そして、この逮捕・勾留の段階でどのような対応をとるかによって、その後の身体解放や起訴・不起訴の処分、さらには裁判における量刑にまで大きな影響を及ぼすことが少なくないのです。
したがって、逮捕・勾留の早い段階で、法律の専門家である弁護士に相談をすることは、身体を拘束されている被疑者(“容疑者”というのは新聞やテレビ等のマスコミで用いられる用語です)や、そのご家族、知人等にとって、極めて重要な、意義のある初期活動といえるでしょう。


お問い合わせ  平日 9:00~18:00



速やかな接見や示談交渉等弁護士にしかできないことがあります


それでは、弁護士に依頼すると、具体的にどのようなことをしてもらえるのでしょうか。
事案によっても異なりますが、逮捕・勾留の直後における弁護士のもっとも重要な活動のひとつに、身体を拘束された被疑者との速やかな接見(面会)があげられます。
弁護士は、身体を拘束された被疑者と、いつでも、立会人なしで接見することができる権利を、法律上保障されています。
接見において、弁護士は、被疑者から詳しい事実関係を聴取し、その後の方針(被疑事実を認めるか、否認するか等)や取り調べに際しての心構え(黙秘権等)、調書に署名する場合の注意点等について助言をします。また、さまざまな疑問にこたえることで、身体を拘束された被疑者の不安の緩和につとめます。
さらに、弁護士に対して、可能な範囲でご家族や知人等から被疑者へ、あるいは反対に被疑者からご家族や知人等への連絡を依頼することもできます。
接見に引き続き依頼を受けた弁護士は、早期の身体解放や不起訴へ向けて行動します。具体的には、検察官等との交渉、書面作成、示談交渉、準抗告の申立て等があげられます。
特に、痴漢や盗撮等の犯罪や、比較的軽微な犯罪については、被害者と早期に示談をすることにより、身体拘束から解放され、あるいは不起処分をめざすことも可能です。

ひとことでいえば、被疑者とのそのご家族等の権利を最大限守るために、専門知識を総動員して迅速かつ的確に行動するのが逮捕・勾留直後における弁護士の仕事ということができるでしょう。


お問い合わせ  平日 9:00~18:00


 

まずは電話で弁護士にご相談ください

簡単ではありますが、以上の説明で、逮捕・勾留された際に速やかに弁護士に相談することの重要性を、多少なりともご理解いただけたのではないでしょうか。

逮捕・勾留された際に、どのような対応をするかは、個々の事案によって異なります。
まずは、電話でお問い合わせください。
初回の相談は無料となっております。

  
042-407-9217

なお、メールによる相談の申込みも受付けております

お問い合わせ  平日 9:00~18:00


刑事事件の弁護士費用について


初回接見のみの場合、弁護士費用は4万4,000円となります。
なお、引き続き弁護活動(起訴前弁護)のご依頼を受けた場合、初回接見の際にお支払いいただいた弁護士費用は、全額起訴後弁護士費用に充当されます。
着手金は22万円~となっております。

当事務所では、依頼者の方の不安や経済的負担を軽減すべく、弁護士費用の明確化、低額化、費用の事前説明の徹底につとめております。

詳しくは、電話でお問い合わせください。

お問い合わせ  平日 9:00~18:00




 

お問い合わせ

042-407-9217

受付時間

平日9:00~18:00

事務所案内

所在地
東京都国分寺市本町2-10-1
  アイプラザ401
アペルト法律事務所

アクセス
国分寺駅(JR中央線、西武多摩湖線、西武国分寺線)北口のコンコースを線路に沿って右方面に進み突き当りの駐輪場手前を左折、階段を下りた目の前のビルです。国分寺駅から徒歩1分。



対応可能な警察署(参考)


警視庁管内(東京都):赤坂警察署,赤羽根警察署,昭島警察署,麻布警察署,浅草警察署,愛宕警察署,綾瀬警察署,荒川警察署,池上警察署,池袋警察署,板橋警察署,五日市警察署,上野警察署,牛込警察署,荏原警察署,青梅警察署,太井警察署,大崎警察署,王子警察署,大島警察署,大塚警察署,大森警察署,荻窪警察署,尾久警察署,葛西警察署,葛飾警察署,蒲田警察署,亀有警察署,神田警察署,北沢警察署,蔵前警察署,小岩警察署,麹町警察署,小金井警察署,小平警察署,駒込警察署,小松川警察署,下谷警察署,渋谷警察署,品川警察署,志村警察署,石神井警察署,城東警察署,新宿警察署,巣鴨警察署,杉並警察署,成城警察署,世田谷警察署,千住警察署,高井戸警察署,高尾警察署,高島平警察署,高輪警察署,滝野川警察署,竹の塚警察署,立川警察署,玉川警察署,田無警察署,多摩中央警察署,中央警察署,調布警察署,月島警察署,築地警察署,田園調布警察署,東京空港警察署,東京湾岸警察署,戸塚警察署,富阪警察署,中野警察署,西新井警察署,練馬警察署,野方警察署,八王子警察署,原宿警察署,東村山警察署,東大和警察署,光が丘警察署,久松警察署,日野警察署,碑文谷警察署,深川警察署,府中警察署,福生警察署,本所警察署,町田警察署,丸の内警察署,万世橋警察署,三田警察署,三鷹警察署,南大沢警察署,南千住警察署,向島警察署,武蔵野警察署,目黒警察署,目白警察署,本富士警察署,四谷警察署,代々木警察署
埼玉県警管内:朝霞警察署,新座警察署,東入間警察署,所沢警察署,狭山警察署,川越警察署,西入間警察署
その他の警察署についてもご相談ください